野外でのバーベキューのマナー

女性

火が使えるか

住吉公園を含めバーベキューが行なえる公園では火を禁止しているところが多くあります。安全にバーベキューを行なうためにも、禁止されている項目は守ることが重要です。火が禁止されているところではコンロなどの道具で対応するといいでしょう。

後片付け

住吉公園やその他の施設などでバーベキューを行なう場合は、後片付けをしっかり行なうようにしましょう。特にバーベキューともなるとゴミが多くなるため、気持ちよく公園を利用するためにも自分達で出したゴミは、基本的に持ち帰る精神が大切です。

騒ぎ過ぎない

大人数にもなってしまうと騒がしくなるのはしょうがないことですが、あまりにも騒ぎ過ぎてしまうと周りの人に迷惑をかけてしまうことになります。それが原因で喧嘩になることもあるため、野外でバーベキューを行なう際は節度を守りみんなで楽しむことが重要です。

次に活かそう!バーベキューでの失敗5選ランキング

no.1

服装

バーベキューを楽しむためには服装は需要です。例えば、好きな人が来が来るため白い勝負服を着用していった場合、食材や焼き肉のタレなどで汚れてしまう可能性があります。途中で気分が下がらないためにも、白い服や火が燃え移りやすい素材のものは避けるのが賢明です。

no.2

食材が残る

バーベキューを行なう際の食材は足りないよりも余ることに越したことはありませんが、余り過ぎるのも問題です。バーベキューを楽しみにしているあまり、食材を買い過ぎてしまった経験がある人は多いでしょう。ある程度の量を見極めて食材は用意するといいでしょう。

no.3

肉の焼き方

以外にバーベキューの失敗談で多いのが肉を焼き過ぎてしまうことです。せっかく用意した高い肉を焦がしてしまっては、本来の味を堪能することができないでしょう。肉を焼いている間は黒焦げにならないためにも、火を調節して肉を焼きましょう。

no.4

着火できない

コンロではなく炭火で火をおこす場合は、慣れている人じゃないと着火が難しい場合があります。うまく火がつかない時に役立つものが着火剤や新聞です。素早く着火するためにも、あらかじめ着火剤や新聞は準備リストの中に入れておくといいでしょう。

no.5

ゴミの分別

はじめにゴミの分別を行なわないと後片付けに時間がかかります。バーベキューでは燃えるゴミや燃えないゴミなど、たくさんのゴミが出るでしょう。後から大変な思いをしないためにも、最初の段階でゴミの分別を行なうことでスムーズに後片付けを済ませることができます。